強制絶頂

拘束調教

突然姿を消した恋人を拘束して快楽責めする

幸せな2人だった。でも1年前、お前は突然居なくなった。 ただお前を求め、捜し続けた。 その空白を埋める事だけを思って。
拘束調教

科学者に買われた奴隷は毎日のように精液を搾り取られ、、、

奴隷だった少年は、科学者と名乗る男に買われる。 ひどく扱われるのかと思いきや、食べ物や寝るところまで用意した。 少年は男に優しくされたことで心を開き始め、男になんでもすると 言う。すると男は少年をある部屋へ連れて行き、椅子に拘束する。 そこで男は自分の正体を明かし、少年に『仕事』を申し付ける。 その『仕事』とは少年の精子を集めることで…!?
拘束調教

異国の王子に拉致され快楽漬けにされる少年

小国の王子であるアレクは、日本人の旅行者を見つけて、どうしても欲しくなった。 執事に命令し、王宮へと拉致してきた日本人の名前は翔。傷心旅行の最中であった。 豪華なベッドに縛り付けられ、アレクの愛撫を受け続ける翔。翔は、アレクによってアナルを犯され、そのまま意識を手放した。
拘束調教

深夜の社長室で部下に無理やり犯される話

建築会社の社長である長田尚樹は、突然、社員の沢村陵によって社長室で犯される。 イクことを禁止されながら、愛撫をされ続ける尚樹。 仕事中にも、拘束されながら下半身をなぶられ続ける尚樹。 やがて、とうとう尚樹は陵の命令に従うことにする。 屈辱に涙を流しながら、尚樹は陵の命令に従うことを決めた。
拘束調教

密室の中で兄たちに快楽調教される高校生

高校生である真下颯人は、引きこもりの高校生で、近所からも同情されていた。だが、真実は違った。彼は、義理の兄達によって部屋に監禁されていた。 代わる代わる犯され、颯人は逆らう気力さえ失っていった。 双子の兄弟である義也と和也は、そんな義弟をこれ以上ないほど可愛がっていた。 密室の中で、親さえも知らない秘密の遊戯が今宵も繰り広げられていた。
機械姦

廃工場で機械に犯されるところを視姦される話

学校の裏側にある廃工場に出るという化け物の噂を確かめに行った仲良し二人組のセイジとショウゴ。 化け物を動画に収めてやると息巻いていたが、廃工場の中で突然セイジが謎の機械に拘束されてしまい、ショウゴは怯えてカメラを向けることしかできないでいた……
機械姦

冴えないリーマンが機械にめちゃくちゃにされる話

普通のオナニーに飽きてしまった冴えないサラリーマンの総二は、たまたま見つけたオナニーアシストチェアを購入してしまう。座っているだけで気持ちよくなれるという謳い文句に期待する総二だったが、2時間もの間拘束されたままめちゃくちゃにされてしまい……
機械姦

通販で購入したマッサージ機に快楽責めされる話

疲れ果てた23歳の会社員、星野純一。通販サイトで頼んだマッサージ機の上で寝てしまったところ、 マッサージ機による性的攻めを受ける。夢か現実か分からず朦朧としたまま、ついには絶頂してしまう。
拘束調教

好きな相手をセックスチェアに座らせ快楽の渦に叩き落す!

内田颯人は、真面目で性的なことが苦手だった。 そんな彼に恋い焦がれる同僚の間宮亮二は、自分の部屋に颯人を招いて酔わせた後、セックス機能付きの椅子へと座らせる。 恥ずかしい姿を亮二に見られながら、颯人は機械に犯され続けた。 最初は拒絶していた颯人だが、何度も絶頂を繰り返しながら、やがてその責めに耐えきれず、亮二の言葉に従うことを決めた。
機械姦

洗脳機械姦

AIに管理されたディストピアな世界、レジスタンスの少年兵が拘束され再洗脳の名のもと機械姦される
機械姦

彼女を救いにある施設に入った男。しかし快楽マシン捕らえられ絶え間ない快楽に呑まれる!

実親によってある施設に無理やり入れられた彼女を救いに来た男。しかし捕まり快楽マシンに乗せられてしまう。快楽に呑まれながらも必死で彼女の姿を思い浮かべようとしたが、男の耳から甘いイケボが聞こえて興奮してしまう。一度意識を失うが、媚薬を注入され絶え間ない快楽を味わうことになる。その後彼は救い出されたが、機械での性行為が忘れられず彼女とは別れることになる。ある日精神科の医者の姿が機械の男と似ていることに気づき、性行為に誘ってしまう。
機械姦

キミのこと機械でぐちゅぐちゅに犯してあげる

同居している男にいきなり連れ去られた会社員の綾。 目を覚ますと全身が拘束されていて、目の前には同居人と謎の機械が見え、、、
機械姦

なんで俺が医療用触手マシンに犯されないといけないんだ!?

何事も真面目にこなす黒髪眼鏡でクール系な主人公。 いつものように医療用の触手マシンの点検を行おうするが、今日は何かが違った。 メンテナンスモードにも関わらず体を縛り上げられて混乱しているところに現れたのは主人公が嫌っている同期の男で……?
タイトルとURLをコピーしました