射精

調教

かわいい義弟を快楽調教する話

和樹は母親の再婚相手の息子の健太に惚れたが、自分の気持ちを抑えんでいた。両親が新婚旅行に行くことになり、和樹は健太を調教しようと行動に移した。
拘束調教

職場のイケメン上司を監禁、拘束!搾精機に耐えられるか?

一ノ瀬(30代、仕事も出来るイケメン、細マッチョ。仕事の帰りはジム通い) 長田 伊智(おさだ いち、20代。一ノ瀬の部下。一ノ瀬を慕っている可愛い後輩) 一ノ瀬にあこがれる伊智。しかしそのあこがれはやがて「独り占めしたい」という思いに変わって行く。 伊智の歪んだ愛が一ノ瀬に襲い掛かる。
拘束調教

会社の後輩達による淫らな夜の宴

上原恭平は、会社の後輩2人からある告白を受けた。それは、ずっと好きだったというもので、恭平は慌てて断った。すると、体育会系の後輩である高橋に押さえつけられ、拘束されてしまった。更に、普段からおとなしい後輩の一ノ瀬は搾精器を恭平の性器に取り付ける。 搾精器によって、強引に快楽を引き出された恭平は、後輩2人により、代わる代わる犯されるのだった。
搾精

山奥の小屋で搾精機に無理やりイかされる少年

中学生の梓には、秘密の友達がいた。山の奥に一人で住む要だ。どこかミステリアスな美しさを持つ要は、梓にいろんなことを教えてくれた。学校の友達が教えてくれないような、珍しい内容に、梓は夢中になった。 この日も、梓は要の家で、彼と遊んでいた。そして、要はあるゲームをしようと、梓の下半身を裸にした。
搾精

年老いた伯爵は夜な夜な使用人の少年を犯し、、、

伯爵リスターは、85歳という年齢で、使用人の少年アレクに恋をした。どうしても、アレクの身体が欲しくなったリスター。だが、正体が自分だと知られては、2度と自分に笑顔は見せてはくれないと思い、彼を毎夜のように睡眠薬で朦朧とさせ、地下室へと閉じ込めては、彼の裸体を堪能した。そして、あらゆる機械を使い。アレクを犯し続けていた。朝。自室で目が覚めたアレクは、昨夜のことを不思議に感じながらも、リスターに朝の挨拶へと向かうのだった。そして、リスターの楽しい時間は、今宵も繰り返される。
搾精

大学生2人が参加した高額バイトの中身とは、、、?

長塚敬太は、一時間3,000円という高額なバイトに友人の槁本弘輝と申し込んだ。だが、それは新しい搾精器のテスターだった。弘輝にセットされた搾精器。敬太は、遠隔操作によって搾精器を操作する。だが、弘輝の喘ぐ表情に、だんだん敬太はムラムラしてきて、気がつくと弘輝を犯していた。そして、その翌日も2人はバイト先へと向かった。
拘束調教

サークルの飲み会で酒に酔った後輩が先輩に無理やり犯される話

大学のサークルの飲み会で酒に酔った後輩の片桐。 尻の違和感から目を覚ますと、腕を拘束されたまま、裸の先輩に犯されていて…。
調教

年下部下に気づけばフェラされ、、、?

仕事のパートナーとしていい関係を気付いていた俺と年下部下。それなのに、ある日突然、飲みに行ってからわけのわからぬ展開に。しまいには部下の虜に。なんでだ!知らないうちに調教された俺は、もう離れられない…。
拘束調教

野球部の先輩に拘束されてお仕置きされる

野球部部員、康平は先輩に逆らえない。思わず隠し事をしてしまった康平に対して先輩が行ったお仕置きとは…?
機械姦

VRゲームのテストに選ばれたはずが気づけば機会に犯され、、、?

VRエロゲームのテストプレイに当選した26歳の主人公が目隠しされ機械姦される話
機械姦

廃工場で機械に犯されるところを視姦される話

学校の裏側にある廃工場に出るという化け物の噂を確かめに行った仲良し二人組のセイジとショウゴ。 化け物を動画に収めてやると息巻いていたが、廃工場の中で突然セイジが謎の機械に拘束されてしまい、ショウゴは怯えてカメラを向けることしかできないでいた……
機械姦

冴えないリーマンが機械にめちゃくちゃにされる話

普通のオナニーに飽きてしまった冴えないサラリーマンの総二は、たまたま見つけたオナニーアシストチェアを購入してしまう。座っているだけで気持ちよくなれるという謳い文句に期待する総二だったが、2時間もの間拘束されたままめちゃくちゃにされてしまい……
機械姦

大学のかわいい後輩を快楽マシンに拘束し犯す

黒崎クロオは工業系大学の4年生。一つ下の後輩春野ハルトに恋をした。ともに過ごしていくうちに劣情を抑えられなくなり強行手段に及んでいく。
機械姦

通販で購入したマッサージ機に快楽責めされる話

疲れ果てた23歳の会社員、星野純一。通販サイトで頼んだマッサージ機の上で寝てしまったところ、 マッサージ機による性的攻めを受ける。夢か現実か分からず朦朧としたまま、ついには絶頂してしまう。
拘束調教

好きな相手をセックスチェアに座らせ快楽の渦に叩き落す!

内田颯人は、真面目で性的なことが苦手だった。 そんな彼に恋い焦がれる同僚の間宮亮二は、自分の部屋に颯人を招いて酔わせた後、セックス機能付きの椅子へと座らせる。 恥ずかしい姿を亮二に見られながら、颯人は機械に犯され続けた。 最初は拒絶していた颯人だが、何度も絶頂を繰り返しながら、やがてその責めに耐えきれず、亮二の言葉に従うことを決めた。
タイトルとURLをコピーしました