快楽拷問

機械姦

拘束された反逆者が機械に快楽拷問される

ある強制収容所の囚人が機械による拷問を受ける話
機械姦

大学生の災難

大学の長期休み。バイト終わりに攫われた大学生・拓也は、手術室のような場所で拘束された状態で目を覚ます。謎の機械により突然快楽の餌食にされた彼は、襲いかかる機械の激しい責めに、抵抗も空しく快楽の虜になってしまう。前後不覚に陥った拓也は、残ったわずかな理性で考える。本当に、どうしてこうなったのか――。
機械姦

機械によって淫らに濡れるご主人様

橘家の執事の呉林京一郎には、ある欲望があった。いつも気高く、性欲を感じさせない美貌の主人・橘誠司の快楽によがる姿を見てみたい、できればその姿を自分だけのものにしたいと。 そして、彼は屋敷の地下にある快楽拷問器具に睡眠薬で眠らせた誠司を機械に座らせ、京一郎は自らの欲望を満たすことにした。 誠司は、機械と京一郎に犯され、やがて快楽の波に飲まれるのだった。
機械姦

キミのこと機械でぐちゅぐちゅに犯してあげる

同居している男にいきなり連れ去られた会社員の綾。 目を覚ますと全身が拘束されていて、目の前には同居人と謎の機械が見え、、、
機械姦

婚約OKしてくれるまで犯します! 機械で!

ーー今年から同じクラスメイトになったとか、昔からの馴染みのやつとかだったらまだバカ騒ぎだとかで済む話なのにっ! 横山亮(ヨコヤマ リョウ)が目を覚ませばそこは見覚えのない部屋。簡素な部屋、とは言えないなんともそっち系に使うだろう話でしか聞いたことの無い玩具やよく分からない道具がごろごろ床に転がっている。 「やぁ、目が覚めた?」 にこやかに笑いかけてくる男・二黒庄司(ニクロ ショウジ)と名乗る男がそう問いかけてきた。ゆっくりと近づいてきた庄司は亮の目の前で膝まづいて小さな箱を亮の前に差し出して、蓋を開ける。 「ぼ、僕のお嫁さんになってくだひゃい!」
機械姦

諜報員は快楽地獄にイき狂い

快楽を得る機械産業は今や右肩上がり。 北見はそこの研究員だったが、実は他社に情報を売ろうとしていた。 そのことが所長である片岡にバレてしまい北見は捕まり、快楽を得る機械「S2」の実験材料として繋がれてしまう。 止まらない快楽機械の責めに、北見は何度も絶頂を繰り返してしまう。
機械姦

快楽監獄の部屋

研究所に入り込んだスパイが捕まって快楽マシンの実験として使われる話
タイトルとURLをコピーしました